採用情報

トップ  >  採用情報

中島 正太郎さん

貴重な経験と丁寧な指導で日々勉強になりました

中島 正太郎さん
耕和に入社したきっかけは?

高校は普通科を卒業したのですが、家業が兼業農家をしていたこともあり、大学は農学部に進みました。卒業後は地元のJAに就職し、営農指導員として3年間働きました。その間に、農業について教えることも嫌いではありませんでしたが、自分で農作物を作る立場になりたいと思うようになりました。そして、JAの時にお世話になった県庁の農林振興センターの方に新規収農者として、2年間の期限付きで耕和への入社を進めていただきました。

日々の業務について感じていたことは?

耕和では、農業に関する実践的な部分を色々教えていただきました。実際に農家に入らなければ分からない細かなことを、自分の作業を止めてまで教えていただいたことも多く、非常に感謝しています。 耕和は抱える敷地面積が大きいため、いかに効率的に作業を行うかという点において、自分の知る以上の効率で業務を行う術を学びました。その一方で、手間のかかるお米の色彩選別は玄米の際に1回と、精米した後にもう1回行うなど、他社では見たことがない丁寧さも持っておられ、法人として農業を運営していくための繊細さも教わった気がします。 現在は私も家業を継ぎ、専業農家として独立しましたが、耕和で教わった農業に対して真摯に向き合う姿勢が今の私を形成していると思います。

これから入社をお考えの方へのメッセージ

耕和はただ作物を作るだけの農家とは違い、自社で商品を取扱っているため、エンドユーザーの方の立場に立った農業と言う点で、作り手側と買い手側の両者の考えを持って農業を行っていける会社だと思います。分からないことがあれば教えてくださいますし、任せる時は任せてくださるので自分から率先してやっていきたい方にどんどん問合せしていただければと思います。

ü